Confill
Confill > ブログ > 議員スピーチにプロのトレーニングが必要な理由

議員スピーチにプロのトレーニングが必要な理由

2018年4月6日

議員・政治家になぜスピーチトレーニングが必要なのか?

 

 

議員・政治家はそもそも弁が立つ人がなるもの。

演説には自信がある。

だからトレーニングなんて必要ない。

 

 

~なんて思われている方、

多いかもしれませんね。

 

 

でもね、

意外や意外。

 

 

現職議員、立候補予定者の方で

ボイストレーニングやスピーチトレーニングを

受けている方が実は多いんですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公認が決まったらトレーニング開始?!

 

 

私が国会議員の秘書だった時のこと。

 

 

某党から晴れて公認が出て、

ある選挙区から出馬することになった候補者に

その国会議員は言いました。

 

 

「選挙が始まってからでは遅いから、

すぐにでもボイストレーニングやスピーチトレーニングを始めなさい」と。

 

 

選挙では、街頭演説・討論会・街宣車からの呼びかけ~と

連日、朝から晩まで喋り続けます。

 

当然、のども酷使します。

 

発声の基礎なしに喋っていたらどうなるでしょう?

すぐに声は枯れてしまいますよね。

 

 

 

選挙の後半だったらなんとかなるかもしれません。

しかし、選挙戦の真っ最中に声がでなくなってしまったら

戦うことはできません。

 

それはつまり、票を獲得できないということなのです。

 

 

さて、冒頭の

議員・政治家にまぜスピーチトレーニングが必要なのか

の問いに話を戻しましょう。

 

 

その答えは・・・

選挙中に票を失うリスクがあるから」なのです。

 

 

アメリカの議員にはスピーチトレーナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカ大統領選は約1年かけて戦う長期戦。

 

大統領にボイストレーナーがついていることは

有名な話です。

 

ブッシュ大統領の時には

演説を演出するチームまであったそうですよ。

 

それくらい、

議員・政治家にとって、

声や話し方とは選挙を戦う大切な武器というわけです。

 

 

 

だからこそ、

議員スピーチには継続的かつ

プロによるトレーニングが必要なのです。

 

 

>>プロによる勝つためのスピーチトレーニングはコチラ