Confill
Confill > ブログ > 「ポイント3つ話法」の落とし穴

「ポイント3つ話法」の落とし穴

2018年10月5日

ポイント3つを予告する

 

 

 

 

前回のブログで

「ポイントの数を冒頭で予告するとよい」

「その数は3つが最適~」

とお伝えしました。

 

>>>前回のブログはコチラ

 

 

 

 

しかし、この【3つのポイント】には

陥りやすい注意点もあるのです。

 

 

 

そこで今回のテーマは

ポイント3つにこだわりすぎてわかりづらくなる?!」

についてです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数字にこだわりすぎてしまった?!

 

 

 

私のスピーチセミナーを受けた

政治家志望の某外資系管理職Wさんの事例です。

 

 

 

会社の研修でロジカルシンキングも学び、

ポイントを3つにまとめるという手法は

理解されていたのですが・・・

 

 

なんとも理解しがたい

話の構成になっていました。

 

 

 

Wさんのお話(長すぎるので中略)

↓↓↓

 

/////////////////////////////////////////////////

「7月に転職したのですが、

それには3つの理由があるんですね。

(↑↑ここまではよい!)

 

 

 

まず1つは、以前の会社ですと

・・・・だからでして、

もちろんやりがいはあったのですが、

2つほど問題がありまして、

その1つは・・・・・・でして、

その時3つ上司から言われたことがありまして・・・。

それから2つ目ですが、・・・・・でして、

その時1つトラブルを抱えてしまったのです。

そのトラブルというのが政治家を志すきっかけともなり、

そこで得た教訓が3つありまして、

1つは○○、2つめは△△、3つ目は◇◇・・・・

阿部先生とも出会えて

レッスンを受けられることになったのですね。」

 

 

////////////////////////////////////////////////

というものでした。

 

 

↑↑↑

これ、解読できますか????

 

 

 

 

「3つの理由があって~、まず1つは~、

2つほど問題があってその1つは~、その時3つ・・・」

 

 

何が1つで何が2つ目なのか

さ~~~っぱりわからないですよね。

 

 

Wさんは「ポイント3つ」の法則に

とらわれすぎてしまって

とにかく1つ、2つ、3つと数字を使えばよい、

と思ってしまったのでしょうね。

 

 

 

数字の乱用はかえって混乱を招きます。

 

 

まずは頭の中を整理して

ポイントをまとめることを優先してください

 

 

 

一文は短く

 

 

 

 

 

そして、このWさん。

一文がやたらと長いのにお気づきですか?

 

 

 

 

「~で、~で、~で・・・」

という具合に。

 

 

 

文字おこしをしたら、

10行くらい一文が続いていました。

 

 

これ、長すぎです~~~。

 

 

 

聴き手はそんな複雑な話は理解できません。

 

 

話し慣れた人ほど、

そう・・・、

 

特に現職の議員ほど

この「一文長すぎ症候群(←私が勝手に命名)」に

陥りやすい傾向があります。

 

 

 

一文は短くするのが鉄則!

 

 

一文は長くても45文字までにまとめると良い」

と言われています。

 

 

 

ご自身の演説は一文が45文字までに

収まっているかどうか?

ぜひ確認してみて下さいね。

 

 

 

 

>>>一文を短くするトレーニングはこちら