Confill
コンフィル阿部恵 > ブログ > 経営者の挨拶で、横道にそれた話はカットしよう!

経営者の挨拶で、横道にそれた話はカットしよう!

2019年3月15日

女性経営者に多い?!

 

 

 

先日、雑誌などでも取り上げられている
ファッションデザイナー兼
カラーコーティネーターの
女性社長のレッスンをしました。

 

 

 

 

経営者というのは
専門分野に関しては
堂々と話すことができるのですが、

 

 

 

どういうわけか、
プロフィールであるとか、
専門分野とは関係のない
説明となると

 

 

とたんに
「もう無理!」
「喋れない!」
という方も多いのです。

 

 

ご自身でデザインされた
綺麗なワンピースを上品に着こなし、
「さすが!」と思わせる
美しさ。

 

 

そのM社長。

 

 

某官庁から招かれ、
講師を務めることになったのですが、

 

 

「プロフィール紹介ができない」
とのことで
私のところにいらっしゃいました。

 

まぁ、さっぱりわからない
プロフィールで(笑)・・・・

 

 

 

大通りから外れた小道は話さない

 

 

 

 

M社長のプロフィール紹介は
半生を時系列に細かく、細かく
話すものでした。

 

 

その中には

 

結婚式にもらった
ブーケが素敵だったとか、

 

 

そのお花屋さんは
「先生のお宅のすぐそばなの!」

 

まで

およそMさんの
ファッションヒストリーには
関係のない話まで入っていたのです。

 

 

 

話し始めるとついつい横道に
それてしまうケース、

 

特に女性は多いのですね。

 

 

 

そこで私はホワイトボードに
Mさんの話したストーリーの
項目を話の道路地図に見立てて
書いていきました。

 

 

 

すると・・・

 

 

Mさんの講演タイトルである
「ファッションカラーコーディネート」
というメイン道路から

 

 

何が外れているかが
明確になりました。

 

 

 

 

 

 

ご本人に、
横道に反れた項目を

 

「これ、必要ですか?」と
訊ねると、

 

 

「あ〜、それ全然要らないわね」
と納得してくださいます。

 

 

 

これ、話し始めて
ご自身が盛り上がっている最中ですと
気付いてもらえないから要注意です(笑)

 

 

必ず話の道路地図に書き込んで
可視化していくことが
大切なのです。

 

 

 

話の道路地図はどう作る?

 

 

 

Mさんの場合:

道路地図のゴールは
講演テーマである
「カラーとファッション」です。

 

 

 

そのために必要な

1プロフィール
2きっかけ、
3理由づけ

 

 

 

だけを
道路地図に組み込めば良いのです。

 

 

・ファッションデザイナーとして
某有名ブランドのプライベートブランドの
デザイン(デザイナーとしての権威づけ)

 

 

・独立後、多忙を極め病気に。
その時にグリーンと淡いブルーの洋服に
癒され、色の持つパワーに興味を持った
(きっかけ)

 

 

・独自メソッドを確立し、メディアに
取り上げられ、ファッション
カラーコーディネーター
として8千人の事例
(講師として招かれた理由)

 

 

これが大通りです。

 

 

 

離婚だのお花屋さんのブーケは
横道に反れているので
ばっさり削除します。

 

 

女性はとかく時系列に
プロフィールを並べるケース
が多いのですが、

 

 

メインの筋から大きく外れた
話はかえって
わかりにくくしてしまうので
要注意。

 

 

 

皆さんも
経営者として講演を頼まれる
ことも多いでしょう。

 

 

その時にふさわしいプロフィールに
ちゃんとなっていますか?

 

 

☑️自分がなぜその講演に呼ばれたのか?
☑️自分が何の専門家なのか?

改めて見直してみてくださいね。

 

 

大通りから反れた話は
即座にカット!

これが鉄則ですよ〜!

 

 

>>>『とっさの挨拶に役立つ10のポイント』はコチラ

 

 

 

>>>経営者向けスピーチセミナー講座はコチラ