Confill
コンフィル阿部恵 > ブログ > 選挙の前のマスコミ対策~NG衣装~

選挙の前のマスコミ対策~NG衣装~

2018年3月25日

TV出演、インタビューされる時の注意!≪衣装≫

 

現職議員の方はもちろん、これから選挙に出ようという方も

TV出演やインタビューされる機会は多いですよね。

注目選挙区ともなればなおさらです。

 

最近ではインターネットTVなど、

チャンネルも増えていますから、

メディア出演の機会はますます増えていくでしょう。

 

 

そこで今回は選挙対策として「TV出演の際の見せ方」。

特に、衣装選びについてです。

 

 

TVで有権者に嫌われる衣装って?

 

TVではいくつか「避けた方が良い」とされる

色や柄があるのをご存知でしょうか?

 

シマシマ、水玉衣装はNG?

 

1つ目は、

細かいボーダー、ドット、チェック柄です。

昭和風に言えば

「縞々(シマシマ)」や「水玉」ですね!

 

 

例えば、このネクタイとジャケットは

TVを通すとチカチカしてしまう細かさです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは「ハレーション」といって、

細かいボーダーやドット柄が反応して

TV画像がゆがんでみえてしまうものです。

 

ボーダーやチェック柄の場合は太めにし、

ドットは大きめのものにすれば大丈夫ですよ

 

 

ちょっと派手ではありますが、

↓これくらいならOK!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緑と青一色はなぜNG衣装?

 

 

 

 

2つ目は、

グリーンやブルー一色の洋服

 

 

~といっても、

街中でインタビューされるような場合は

全く問題ありませんのでご安心くださいね。

 

 

ところで、「クロマキー」という言葉を

聞いたことはありますか?

 

クロマキーとは、グリーン(緑の背景)の

スクリーンの前で撮影した映像と、

別の映像を合成する技術のことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、TVの天気予報ではこの技術が使われていて、

キャスターはこのグリーンのスクリーン前に立ち、

お天気のCG画面を合成した画像を見ながら解説するのですね。

 

 

ですからこの時に、

グリーンやブルーの衣装を着てしまうと、

背景の色と同一になってしまって・・・、

お顔だけがにょきっと浮き上がってしまうのです!!!

 

 

TV出演の際は「セットの色は何色ですか?」とか

「衣装でNGの色はありますか?」など

予め確認し、

背景の色と同一の洋服にならないように

気を付けるとよいですね

 

 

女性が好きな白ってどうなの?

 

 

3番目は
白一色の服。

 

 

白一色ですと、

顔回りが黒っぽく映りやすいのでご注意下さい。

 

また、NG衣装2と同じ理由で、

白い壁と一体化してしまう可能性もあるためです。

 

 

現場では「白は飛んじゃうんだよな~」なんてことを

カメラマンさんや照明さんから指摘されることがあります。

 

カメラマンさんたちは色味を調整する必要が出てくるため、

負担をかけてしまうのですね。

せめてベージュなど色味が入っているものを選ぶとよいでしょう。

 

 

とはいえ、

「アナウンサーやキャスターって

 白いジャケットをよく着ているでしょう?」

とのお声が聞こえてきそうですね(笑)

 

 

はい、その通り!

白いジャケットはキャスター御用達の衣装ではあるのですが・・・

着こなしには少々テクニックが必要なのです。

 

 

>>blog「有権者にもマスコミにも好かれる話し方と服装~TV映り~」

でも少し書いたのですが

 

 

白いジャケットのインナーに

ハッキリとした濃い色目の(赤、青、黒など)を着ることで、

顔を黒っぽく見せることを回避します。

 

また、白と濃い色目とのコントラストで

メリハリがついてより印象的に見えるのです。

 

 

選挙が近づいてくると、突然、TV出演

~なんてこともあるかもしれません。

 

現職議員の方も、選挙に立候補する予定の方も

ぜひ気を付けてくださいね。

 

>>TV映りを考慮した衣装選びや、話し方のコンサル詳細はコチラ