Confill
コンフィル阿部恵 > ブログ > アピールだらけの演説

アピールだらけの演説

2018年6月19日

 

自慢だらけの話に失笑?!

 

 

政治家の会合や政治資金パーティー等では、

冒頭に、出席している議員がずらずらっと並んで

紹介と挨拶があります。

 

 

 

中には、

この挨拶のためだけにやってくる方もいるというのは

政治家独特の文化ですね(笑)

 

 

 

さて、こうした場で、

こんな挨拶にしばしば遭遇します。

 

 

 

事例①

「〇〇の予算をつけたのは私です!」

と、ご自分の自慢とアピール。

 

 

事例②

他党批判にとどまらず、

各方面への批判話を延々と・・・・。

 

 

この時、

主役議員の支持者たち(参加者)を見てみると、

うんざりとした表情になっていました。

 

 

 

話が終わる頃には

そこかしこで失笑がおきていたのは

言うまでもありません。

 

 

 

相手ファーストでプレゼント?!

 

 

事例に挙げた議員らは、

 

 

 

「自分は国民のためにこんなことをしたんだ!」

「私ってすごいでしょ?」

「だから私のファンになって投票して!」

 

 

ということを伝えたかったのでしょう。

 

 

 

 

政治家ですもの、その気持ちはわかります。

 

 

 

しかし、そんな下心が‘見え見え’ (←もはや死語?)

になってしまうと

残念ながら人の心は離れてしまうものです。

 

 

 

 

 

 

ところで、人前で話す=「プレゼン」は

語源が「プレゼント」だそうでして・・・。

 

 

 

「相手は何が欲しいか?」と考えることが大切なんだとか。

 

 

【自分ファースト】ではなく、

【相手ファースト】の視点に立った話こそ

何より良いプレゼン・スピーチと言えるのでしょう。

 

 

 

相手が欲する情報をプレゼント・・・「与える」ことで

結果として、あなたのファンも増える、というわけですね。

 

 

 

 

若手議員が空気を変えた手法とは

 

 

 

しばらく経って、

参加者の心をわしづかみにした若手議員がいました。

 

 

そのスピーチのざっくりとした概要がコチラ↓↓

 

 

/////////////////////////////////

 

 

 

「私は当選〇回で実績もまだまだですから

披露できるような話もないので、1つだけ・・。

 

(主役の)■■議員の★★のお話は大変興味深く拝聴しました。

 

私も地元に帰った時にこのお話、早速、マネさせて・・・・(笑) 

いえ、ご紹介させていただきたいのですが、よろしいでしょうか?(笑)」

 

 

主役議員:「もちろん」とうなづき

会場:(一斉に拍手)

 

 

 

///////////////////////////////

 

 

 

 

 

スピーチ分析

 

 

 

では、このスピーチのどこが優れていたのでしょうか?

 

 

1.長い話を聞き、疲れていた会場の参加者の気持ちに寄り添い、

 「1つだけ」と手短に話が終わることを予告。

 

2. ■■議員を話題にすることで主役を引き立てる。

 

3. ■■議員が会場の参加者と盛り上がった★★話をうまく引用することで、

    会場参加者も傍観者ではなく当事者となり、一体感をもたらした。

 

 

 

短い話でも聴衆の心をつかむことはできます。

 

 

 

引き立ててもらった主役の■■議員もたいそう嬉しそうで、

どうやら聴衆だけでなく、

上司の心をもわしづかみにしたようでした。

 

 

【相手・聞き手ファースト】の話題で

ぜひあなたもファンを増やしてくださいね。

 

 

 

>>スピーチに関するご相談・トレーニングはコチラ