Confill
コンフィル阿部恵 > ブログ > 街頭演説は第一声が大切

街頭演説は第一声が大切

2018年9月10日

 

 

 

 

あなたの街頭演説の第一声は何?

 

前回のブログで

「街頭演説ではツカミが大切!」

とお伝えしました。

 

 

 

 

>>前回のブログはこちら

 

 

 

そうです。

演説では第一声が大切なのです。

 

 

 

それでは、

あなたの演説の最初の一言は

何から始まっているでしょうか?

 

 

 

いつものストーリーを

改めて今、声に出して話してみてください。

 

 

 

街頭演説のポイントは、

「一文を短く、ストーリーは簡潔に!

そして、ツカミは最初の一言!」

 

ですよ。

 

 

 

第一声はどれくらいの長さ?

 

 

 

では、一文を短く・・・というのは

どの程度の長さなのでしょうか?

 

 

 

最初の一言は3秒から5秒までです!

 

 

あなたの第一声、3秒から5秒に収まっていますか?

 

 

だらだら長いセンテンスでは

聴衆、有権者は立ち止まってはくれません。

 

 

 

 

 

例えば、会合の挨拶で

「只今、ご紹介にあずかりました〇〇党△△委員会委員長、

◇◇筆頭理事、☆☆総支部長を

拝命しております■■でございます」

 

 

 

こんなフレーズを聞いただけで

「あぁ、よくある挨拶ね」って

聞き手はガッカリします。

 

 

 

それに対して

「エンゼルスの大谷翔平選手、

昨日のTVでこんなことを言っていました!」

だったらどうでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「え、何て言ったの?」と聞きたくなりませんか?

 

 

あるいは、

「今日はまず、

日本で一番〇〇な県に△△県が選ばれた話からお伝えします」

 

~でもいいでしょう。

 

 

 

こうしたツカミを言った後で

「〇〇△でございます」

と名乗っても遅くはないのです。

 

 

もちろんTVインタビューや日本で一番〇〇の話題と

次に話す内容に共通項があることが前提ですが・・・。

 

 

さぁ、この冒頭のツカミ。

 

 

いつも話しているストーリーをリズムよく

3秒~5秒にまとめてみてください。

 

 

 

沢山伝えなくちゃ!と思う気持ちは

わかりますが、

長い話は、聴衆、有権者には

かえってわかりにくくなってしまいます。

 

 

 

ぜひ伝えたい第一声を

短く、3秒から5秒に

まとめてみてくださいね。

 

 

 

>>話を短くまとめるトレーニングはこちら