Confill
コンフィル阿部恵 > ブログ > 有権者の印象に残る人とそうでない人の違い

有権者の印象に残る人とそうでない人の違い

2018年10月9日

 

抽象論より具体例

 

 

 

 

新人候補者の演説指導をしていると

「あらら・・・全く印象に残らないんですけど・・・」

と、残念な方がいらっしゃいます。

 

 

頭もイイ、顔もイイ、経歴バッチリなのに。

本当に残念です。

 

 

印象に残る話と残らない話、

一体何が違うのか???

 

 

それは【話の具体性】です。

 

 

例えば

///////////////////////////////////////////

「私は明朗活発。体力には自信があります!」

//////////////////////////////////////////

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

議員の公認面接などで

こんなことを履歴書に書いたり、

面接で話したりする方がいます。

 

 

ありきたりだと思いませんか?

抽象的すぎですね。

 

 

 

 

では、こんな風に言ってみたらどうでしょうか?

 

 

 

 

//////////////////////////////////////////

「私は毎日100人の方と名刺交換をして挨拶しています。

365日毎朝、地元の〇〇駅に立っていますが、

そういえばこの1年風邪を引いたことがありませんね。」

///////////////////////////////////////

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・100人と名刺交換できる積極性と、誰とでも挨拶できる快活さ

・毎朝駅前で街頭演説をしている元気さ

と、誰もがイメージしやすいと思いませんか?

 

 

しかも話の中に

「100人」とか「365日」とか数字が入っているので

より印象に残りやすいのです。

 

 

毎朝、地元の駅であなたの前を素通りしながらも

有権者は話を聞いているものです。

 

 

そう、

有権者の印象に残るためには

「具体的なエピソード」、

つまり

「自己開示」が必要なのです。

 

 

自己開示

 

議員になりたて、

またはこれから立候補を~と

考えている方に多いのが、

 

・「自分のことを言うのは恥ずかしい」

・「自分に興味を持ってくれないかも・・・」

 

という思考です。

 

 

 

「自分のことを言うのは恥ずかしい」

ということは、

 

=「相手のことを聞くのも恥ずかしい」

と同義です!

 

 

 

有権者は自分に興味を持ってくれる人に

想いを託したいものです。

 

 

自分の心を開くことで

相手の(=有権者の)心も

開くことができるのです。

 

 

ザイアンス効果

 

会ったばかりの時、

人は警戒心を抱きますよね。

 

 

しかし、会う回数が増えるごとに

「親近感」を持つようになります。

 

 

これ、「ザイアンス効果」といって

TVの演出方法にも、

恋愛手法にも使われる効果です。

 

 

・有権者と会う回数を増やす、

・その際、自己開示をして

自分からエピソードを少しずつ話す、

 

 

 

そうすると、

通勤時間で急いでいたとしても、

 

 

「あ、〇〇さんが話している」

「え、ユニクロのエアリズム?

 ひんやり肌着を使ってるんだ(笑)」

「昨夜、〇〇神社の盆踊りに行っていたんだ~」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

などと、

ちょっとしたエピソードを覚えてくれ、

〇〇さんの印象が更にハッキリとしてくるのです。

 

 

自己開示が【親近感】を抱かせ、

そこから【協力→支援】という気持ちに

移行していきやすいのですね。

 

 

ぜひ、〇〇さんも自己開示をして

エピソードに盛り込んでみて下さいね。

 

 

これまでの指導経験から、

関西出身者は得意な方が多いですかね。

 

 

それに対して、

優秀な人、プライドの高い人にとっては

意外と難しいようですのでご注意くださいね!

 

 

>>>具体性のある演説内容に興味のある方はコチラ