Confill
コンフィル阿部恵 > ブログ > プレゼンではキーワードを立てる!

プレゼンではキーワードを立てる!

2018年12月3日

今回のテーマは、

プレゼンではキーワードを伝える」です。

 

 

キーワードは何?

 

 

先日、某テレビCMを観て、

ついつい買ってしまったスチームアイロン(笑)

 

 

彼らのプレゼンテーションは

上手いですよね。

 

 

何が上手いか?というと、

【キーワードがしっかり伝わる】

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ハンガーにかけたままでアイロンができる

・アイロン台が不要

・強力スチームでさっとしわ取り

 

 

アイロン嫌いの私に

グサグサと突き刺さるメッセージです。

 

 

「ほ、欲しい~~~!」

と、つい買ってしまった私。

 

 

 

さて、今日の本題は

【キーワードをたてる】

ですが・・・

 

 

あなたのプレゼンは

しっかりキーワードが伝わっているでしょうか?

 

 

長い話をキーワード化しよう

 

「話が長くなりやすい」

「話が伝わりにくい」

 

という方に共通した特徴は

キーワードが明確になっていないケースです。

 

 

ついつい、プレゼン準備の際、

言いたいことを作文していませんか???

 

 

作文をすると、

無駄な助詞や接続語などが

もれなくくっついてきますので、

キーワードの明文化を邪魔してしまうのですね。

 

 

ですから、

【伝えたいポイントは箇条書きで記す】

が重要なのです。

 

 

例えば、先ほどご紹介した

スチームアイロンのキーワード・・・

 

 

一般的なプレゼンだとどうなるか?

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「我が社のアイロンはアイロン台を使わずにハンガーにかけたまま

強力スチームを使ってアイロンすることができるんです!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

↑↑↑

こんな感じでしょうかね?

 

 

 

プレゼン前に、私のところへトレーニングにいらっしゃる

エグゼクティブの方は

だいたいこんな感じです(笑)

 

 

 

この文章自体は決して悪いものではありませんよ。

でも、長すぎてキーワードが際立っていないのです。

 

 

 

では、この一文をキーワード化してみましょう。

すると・・・

 

 

「ハンガーにかけたままでアイロン」

 

 

となるわけです。

 

 

どうですか?

わかりやすいでしょ???

 

キーワード⇒解説

 

 

人が「理解をする」という過程においては、

まず「イメージする」ことが必要です。

 

 

 

イメージしやすいキーワードを提示し、

その後、詳細を説明すると

理解しやすいのですね。

 

 

 

1「ハンガーにかけたままでアイロン」(キーワード)

 

2「通常ならアイロン台が必要ですがこの商品は不要なのです・・・」(詳細)

 

 

↑↑ この順番です。

 

 

 

噛まない(トチらない)

 

さて、言いたいことをキーワード化して

プレゼンに臨む時に

1つだけ気をつけたいことがあります。

 

 

それは・・・

「噛まない(トチらない)」ということです(笑)

 

 

キーワードはあなたのプレゼンの柱となる

メッセージですから、

ここはゆっくり、はっきり、

しっかり発声してくださいね。

 

 

 

そして、

【決して噛まないで!】

 

 

ぜひ次のプレゼンで活かしてみてくださいね。

 

 

>>>キーワードを立てるプレゼン構成法はコチラ