Confill
コンフィル阿部恵 > ブログ > エグゼクティブ > 【経営者・エグゼクティブ向け】 「あなたの話し方は怖くないですか?」

【経営者・エグゼクティブ向け】 「あなたの話し方は怖くないですか?」

2020年6月22日

怖い印象を与える経営者の話し方

先日、ある経営者の方から突然こんなご相談を受けました。

 

 

「私の話し方は怖いですかねぇ?」〜と。

 

 

私に対しては大変穏やかで怖い印象は
なかったのですが、

 

 

会話を進めていくうちにある1つのことに気付きました。

 

 

 

それは・・・

 

「他人の話にかぶせる」
「途中から話を違う方向に転換する」

 

ということです。

 

 

そこで私、ハッキリお伝えしました。

 

 

「社長、『怖い』と言われるのも仕方ないですね」って。

 

 

エグゼグティブは高圧的に見えてしまう!

 

 

部下の話を最後まで聞かずに遮ってしまったり、

結論を最後まで聞かずに
自分の話したい方向へ論点をずらしてしまったら、

部下はどんな印象を持つでしょうか?

 

 

「話しづらい」
「怖い」

 

 

これ、つまり【高圧的】な印象を与えているのですね。

 

本人にはそんな気がなかったとしても、です。

 

 

経営者、エグゼクティブの方は
部下たちが闊達に話せる雰囲気を作らなければ、

入ってくる情報もしっかりと入ってこなくなりますよ。

 

 

あなたのの話し方は「怖く」ないですか〜?

 

経営者が言葉以外にも気をつけたいこと

 

相手にメッセージを伝える時に
言語以外の要素=非言語コミュニケーションの役割が大切

〜と言われています。

 

 

 

表情や顔色、声のトーン、話す速度、ジェスチャーなどです。

 

 

 

部下と接する時には
「笑顔」で「声のトーンも明るく」

 

 

そして、早口で一方的に話すのではなくゆっくりと話す

 

 

こんな非言語の部分から気を付けることをお勧めします。

 

 

 

そして、何より、
「最後まで相手の話を聞くこと!」

 

 

これが肝要ですよ。

 

 

さて、件の、

 

 

「怖い」と言われた社長には
明るい笑顔と声のトーンをトレーニングしていただきました。

 

 

後日、
「話す時の雰囲気がだいぶ変わった!」
と部下からの評価も上々なのだとか・・・。

 

 

 

 

経営者、エグゼクティブには
「怖い」と面と向かって言いづらいものです。

 

 

話す時の表情にも是非気をつけて下さいね。

 

 

 

>>>株主総会の社長挨拶トレーニングはこちら

 

 

 

月2回配信のメルマガでプレゼン力UPしませんか?
今なら登録特典
「一回で覚えてもらえる自己紹介のコツ」プレゼント中!

ビジネスエグゼクティブのスピーチは、ただメッセージを伝えるだけでは、その責任を果たしたことにはなりません。
企業の顔、団体の代表として、何をどう伝えるべきか、メルマガを通してお伝えします。

企業エグゼクティブ向けプレゼン力UPメルマガ

月2回無料配信
ご登録はこちらから

*
*
メールアドレス*
バナー