Confill
コンフィル阿部恵 > ごあいさつ

ごあいさつ

オンリーワンの
スピーチコンサルタントとして

あなたの想いは、しっかりと相手に伝わっていますか。

強く、印象的に、相手の心に響いていますか。

私はスピーチコンサルタントとして、一部上場企業社長、医師など1,500人以上を指導してきました。

目指すゴールは人それぞれ。

うまく話がまとまらない、堂々と話せない…といった悩みを解消し、「こうなりたい!」と願うステージまで連れて行くことが、私の役割です。

政治家を目指す方々、議員の方々のゴールはどこにあるのでしょうか。

ゴールは様々であっても、議員は皆、有権者の代弁者。

国民の想い・希望を背負っているわけです。

それらを、議会の限られた時間の中できちんと国政に届けてもらいたい。

そして、自身の考えをしっかりと有権者に伝えてもらいたい。

画像

TV局アナウンサー、
国会議員秘書の
経験を生かして

私がなぜ、議員の方々のお役に立ちたいと考えたのか――。

国会議員の秘書をしていた時のことです。

当選したばかりの自治体新人女性議員の方々からよく、こんな声を聞いていました。

「街頭演説で誰も聞いてくれない」「何を話せばいいかわからない」彼女たちの、叫びにも似た悲痛な声が私の心を動かしたのです。

私なら教えられるかもしれない、力になりたいと。

議員の方々、そして、これから議員を目指す方々へのスピーチトレーニング。

それは、アナウンサー歴25年、国会議員政策担当秘書としての知見もある、私にしか出来ないことだと思ったのです。

ですから、私のトレーニングは、発声・発音や表現力、話のまとめ方を指導するだけではありません。

スピーチ原稿の組み立て、聞き手を惹きつける話題選びの他、TV局アナウンサーの経験を生かした、メディア出演トレーニングや記者会見の心得、秘書時代にスピーチ力に定評のある政治家の方々から伺った、聞き手を惹きつけるコツも伝授できます。

以前、同級生が参議院選挙に立候補した際、ウグイス嬢として応援したことがあります。

彼は最初、まったく演説ができず、私が彼の代わりをしていました。

ところが、私の演説を聞いているうちに、彼はスピーチスキルを身につけ、わずか17日間の選挙期間で、自分の言葉で見事な演説ができるようになったのです。

このように、スピーチスキルは持って生まれた才能ではありません。

トレーニング次第で必ず身につきます。

自分自身で話題を考え、原稿を組み立て、惹きつけるスピーチができるようになるまで、マンツーマンでしっかりと指導いたします。

画像

議員と
有権者をつなぐ、
架け橋になりたい

いち有権者として、私がとても残念に思ったスピーチがあります。

それは、区議会議員選挙での、こんな街頭演説でした。

「女性議員の数が少ないです。だから、女性議員である私に一票を入れてください」

同じ女性として、そこに住む区民として、恥ずかしいと思いました。

そのスピーチを聞いて、心が離れた人も多いはずです。

もったいないと思いませんか。

スピーチのスキルがあれば――

共感してもらえる演説ができるでしょう。

信頼感が生まれ、有権者との距離が縮まるでしょう。

あなたのファンになる人もいるでしょう。

政治に興味を持つ人が増えるかもしれません。

私は、スピーチトレーニングを通して、議員と有権者をつなぐ架け橋になりたいと思うのです。

想いを伝えるために、あなたのファンになってもらうために、ぜひ、スピーチトレーニングをお役立てください。

議員スピーチコンサルタント 阿部恵

メッセージ

阿部恵さんは、私の秘書として3年間、私の活動を支えてくれた大変信頼できる方です。

私は「障がいの有無にかかわらず全ての人が輝ける社会をめざしたい」との想いで長年ボランティア活動をして参りましたが、こうした活動は経済界、メディア、政治家、全国の活動組織など多くの皆様のご支援によって支えられております。

幅広い分野の方々とのやりとりが求められる中、TV局のアナウンサー、国会議員の政策担当秘書という経験をもつ彼女は、どのような立場の方とも上手に折衝をこなしてくれました。

実は、まだ阿部さんが議員秘書をされていた時のこと。

「ナレーションのやり方、教えて!」と、議員会館の阿部さんのもとへ駆け込んだことがありました。私が製作・総指揮をしたドキュメンタリー映画『Believe』の特典映像『その後のビリーブクルー』で、突然、監督から「細川さん、ナレーションもやって!」と言われた時です。

「原稿を下に置いたままだと声が暗くなるから」~と、原稿とマイクの位置関係、声のトーン、口の開け方などわかりやすくポイントを教えてもらいました。おかげで人生初のナレーション収録を無事終えることができました!

つい先日もTV番組に特集していただいた時には、ロケ現場に同行してもらいました。講演などで話すことには慣れていたつもりでいましたが、TV番組独特のインタビューでつい話が長くなってしまったり、横道にそれてしまったり・・・。

それを上手にまとめてくれ、また、時には、私の意図とはまるで違った方向に報道されてしまう可能性もある中で、阿部さんは私の立場を十分に理解し、守ってくれた大変心強い存在でもありました。

テレビ局のアナウンサー、国会議員の政策担当秘書、そして1500人以上の指導実績を持つスピーチコンサルタントである阿部さんの知見と、彼女のユーモアあふれる人柄は、相手の心に届くスピーチや演説を必要とする多くの方々の力になることでしょう。

私は自信をもって、阿部恵さんを信頼できるスピーチコンサルタントとして推薦いたします。