Confill
TOP > ブログ

ブログ

【経営者向け】話が飛ばずに論理的に話せるようにな...

あなたの周りで、こんな経営者、こんなお客様、いませんか?〈話があちゃこちゃ飛ぶ人(笑)〉笑い事ではなく、経営者や管理職にもかなりいらっしゃいます。それを自覚している経営者もいれば、部下から「社長、話し方トレーニング受けてみてはいかがでしょうか?」と言われ、密かに悩んでいる(逆ギレのケースもあり)経営者等々私のところ...

 

経営者の話が硬すぎる?!〜挨拶・スピーチでは書き...

挨拶やスピーチの前に原稿を準備される経営者は多いでしょう。しかし、その原稿を読んでいたら、「硬すぎ!」との印象を与えた経験はありませんか?〈原稿を書き、それを読む〉〜では、どうしても硬くなりやすい理由があります。せっかく挨拶やスピーチの準備をするのですから、お客様や聞き手にしっかり経営者としての想いを届けたいですよ...

 

選挙カーから政治家・議員候補者の名前を覚えてもら...

役職経験もある政治家の選挙カーとすれ違った時、残念ながらウグイス嬢の発音が明瞭ではなくて、名前をうまく聞き取れないケースがありました。選挙カーは「声」が勝負です。一生懸命発している声が、有権者に届いていなかったらもったいないですよね。そこで今回は選挙カーから名前を覚えてもらうコツについてお伝えしたいと思います。この...

 

有権者の耳に残る選挙演説〜韻を踏む〜の活用

毎朝の駅前での演説や選挙カーからの演説で、心地よく印象に残る演説と、ただ「あぁ、誰かが話しているなぁ」と聞き流されてしまう演説とがあります。もちろん政策や活動報告などはしっかり言いたいところですが、ダラダラと長くなってしまい、結局、有権者の耳に残らない〜というのではもったいないですよね。・どうしたら聞き流されないよ...

 

すぐに使える!周年記念・社長の挨拶 〜スピーチ事...

会社の創業・◯周年行事で社長挨拶は欠かせません。 しかし、・何を話したら良いんだろう?・いろんなことがありすぎて話すと長くなるこんなお悩み、ないでしょうか? これまでの苦労を思うと、社長にとっては全てが歴史であり、どれもカットできない思い出ですものね。 しかし、思いのままに、何十分も喋っては、来賓や社員は疲れてしま...

 

社長に話し方トレーニングが必要な3つの理由

「人前での話は苦手」と思っている社長、結構いらっしゃいます。聞けば、・自分が話している時に部下が眠そうにするとか、・ビジネス交流会で話し上手の他の社長を羨ましく思っているとか、・会議などでも明らかに伝わっていないな、と周囲の冷ややかな反応から感じたなどです。Confillではこれまで議員、経営者を中心に6,000人...

 

お客様向け社長挨拶と採用向け社長挨拶とを同じにし...

社長の挨拶やスピーチは様々な場面でありますね。創業◯周年記念式典でのスピーチ、株主へ向けての決算報告、パーティーでの中締め挨拶等々。気をつけていただきたいのが、お客様に対して話す場合と、採用向けの挨拶とでは、スピーチを届ける相手が全く異なるということです。「皆さんに向けて話そう」と、ターゲットを幅広くしてしまうと、...

 

プレゼン・社長挨拶で、惹きつける話し方のコツ

プレゼンや社長挨拶で「聞き手を惹きつけられたらいいのに・・・」〜とお悩みの方、多いですね。そこで、この記事では、プレゼンや社長挨拶でなかなか聞き手を惹きつけられない、という方に、そのコツをお伝えしていきます。<この記事を書いた人>スピーチコンサルタント阿部恵プレゼンで惹きつけたい〜!プレゼンや社長挨拶で、聞いている...

 

経営者で話し方に自信がなければ声を出そう!

経営者の方で、話し方に自信が持てない〜とお悩みの方は多いです。実は「声が原因」というケースもあります。声が小さいことで、相手が聞き取れず、「話し方のせいかも?」と自信をなくしてしまうのですね。この記事では、話し方に自信が持てない方のために・声と自信との関係について・自信を持てるようになる声の出し方、練習方法について...

 

経営者の挨拶〜伝わるには熱量が必要〜

せっかく準備をして挨拶したのに、反応がイマイチで「なんだか伝わっていない」と感じた経験はありませんか?これはショックですよね。これに対して、この人が話し出すと、なぜかみんなが聞き入ってしまう〜という経営者もいます。どうしたらうまく部下やお客様にしっかりと伝わる挨拶ができるのでしょうか?そこで、今回は経営者の挨拶に必...

 
バナー