Confill
コンフィル阿部恵 > ブログ > よくある質問 > オンライン越しに話すとつまらなそうにされてなかなか伝わりません。オンラインでも伝わる話し方を教えてください。

オンライン越しに話すとつまらなそうにされてなかなか伝わりません。オンラインでも伝わる話し方を教えてください。

2021年7月25日

Q:オンライン越しに話すとつまらなそうにされてなかなか伝わりません。オンラインでも伝わる話し方を教えてください。

 

 

A:対面なら話せるのにオンラインだとやりづらい!〜という方、多いですね。

これはオンラインならではの特性を知ることで解消できますよ。

オンラインでは聞き手の集中力が対面の時よりも短くなります。いつも通りの話の分量ですと、聞き手が飽きてしまうのですね。

そこでオンラインでも引きつける話し方についてお話ししましょう。

 

オンラインの特性

 

 

オンラインでは聞き手の集中力が持続しないので、

パワーポイント1枚に対して対面の時よりも話す分量を少なくしましょう。

また、スマホやタブレットで見ている人もいるので、

パワーポイントの字は大きく!

これも相手を引きつけるポイントです。

 

話す内容も一文を短くすることで相手を飽きさせません。

一文は45文字〜50文字くらいまでにして句点(○)を打ちましょう。

 

 

双方向の話し方

 

 

オンラインでのプレゼンやセミナーでは話し手が一方的に話すことが多いですよね。

これもつまらなく感じさせる原因の一つです。

 

なるべく聞き手も交え、双方向で話ができるような工夫をすると良いですよ!

 

例えば、

✔️質問

✔️クイズ

✔️チャットに書いてもらってやりとり

 

などです。

 

 

相手の名前を呼ぶのも良いですね。

 

人は質問されるとつい答えてしまう性質があるそうですから

 

・今日はどこからご参加ですか?

・○○さんはこのような経験はありましたか?

・ここまでのところで○○さん、質問はありますか?

 

〜のように。

 

 

双方向にすることで聞き手の参加意識も高まります。

オンラインでも聞き手を引きつけて話してくださいね。

 

 

 

>>>人に伝わる話し方のコツをメルマガで配信中(月2回)。無料ですのでぜひご登録ください!

 

 

 

>>>阿部恵のプロフィールはこちら

 

 

バナー