Confill
コンフィル阿部恵 > エグゼクティブ > 経営者・士業だからこそ  話の小ネタを用意しよう!

経営者・士業だからこそ  話の小ネタを用意しよう!

2019年7月8日

行政書士会のトップのお悩み

 

現在、トレーニングをしている
某行政書士会の支部長さんのお悩みは、

「会話が弾まない」ということでした。

 

 

こうしたケースの場合、私は宿題として
「日常生活の中で喜んだり、
笑ったりしたことを話して」と言います。

 

 

通勤電車の中でも
道を歩いていても、
スーパーのレジ待ちでも
何かしらネタはあるからです。

 

 

 

小ネタは会話の潤滑油

 

例えば、電車の中で・・・

 

電車ネタシリーズ〜その1〜

 

 

酔っ払いがホームの端っこ、
ギリギリのところを
千鳥足で歩いていた時、

一見、不良(←この言葉、死語?)
に見えるコワモテの高校生が
「おじさん、危ないっすよ」と
ホーム中央へ誘導してあげた・・・

とか。

 

 

 

・・・・・

 

 

電車ネタシリーズ〜その2〜

 

 

電車に乗り込むや、真っ先に優先席に座り、
ベタベタ化粧を始めた金髪ギャルが、
おじいさんが乗ってきた途端
「どうぞ」と言って
席を譲ってあげた・・・とか。

 

 

ほっこりする出来事が山ほどあるんですね。

 

 

 

こうした小ネタを日頃からプールしておくと、
会話の冒頭などに使うことができ、
会話をはずませることができますよ!

 

 

>>>小ネタに困ったらマンツーマントレーニング

 

 

 

月2回配信のメルマガでプレゼン力UPしませんか?
今なら登録特典
「一回で覚えてもらえる自己紹介のコツ」プレゼント中!

ビジネスエグゼクティブのスピーチは、ただメッセージを伝えるだけでは、その責任を果たしたことにはなりません。
企業の顔、団体の代表として、何をどう伝えるべきか、メルマガを通してお伝えします。

企業エグゼクティブ向けプレゼン力UPメルマガ

月2回無料配信
ご登録はこちらから

*
*
メールアドレス*