Confill
コンフィル阿部恵 > ブログ > エグゼクティブ > 質問には過不足なく答えよう!

質問には過不足なく答えよう!

2020年1月22日

質問にはまず直球で答える

 

質問をしたのに聞いたこととは
まるで違う回答をされた経験はありませんか?

 

 

政治家のインタビューを観ているとこれが多いですよね(苦笑)

 

 

不祥事があった時などは答えたくないからでしょうか。

 

 

・言い訳
・誰かのせいにする
・自分の活動と忙しさをアピール

 

 

 

これらをまず話して、結局、質問とはズレた回答を
しているケースが見られます。

 

 

これって、
聞いた方はストレスなんですよね。

 

 

 

日常の会話においても同様です。

 

 

・・・・
例えば、

 

Aさん「昨日どこへ行ったの?」

 

Bさん「それがさ、もう、標高が高いところでは
紅葉が始まっているって知ってた?」

 

~という答え方。
・・・・

 

 

質問に対する答えになっていないですよね。

 

 

もちろんこの後で
「実は、高尾山に行っていたんだよ」と話が続くのかもしれません。

 

 

でも、質問に対して直球の答え出ないため、

聞いた方は「あれれ?」となるわけです。

 

 

こんな時はまず

・・・・

Aさん「昨日どこへ行ったの?」

 

Bさん「高尾山だよ。もう頂上では紅葉が始まっていてきれいだったよ」

・・・・

にすればよいのです。

 

 

 

特に、議員、議員を目指している方は、

有権者からの質問に直球で答えないと
「あれれ?」ではなく「はぐらかされた」~と
不信感を持たれる可能性もありますのでご注意くださいね。

 

>>>議員をめざす方にはこちらで詳しくお伝えしています。

 

 

 

月2回配信のメルマガでプレゼン力UPしませんか?
今なら登録特典
「一回で覚えてもらえる自己紹介のコツ」プレゼント中!

ビジネスエグゼクティブのスピーチは、ただメッセージを伝えるだけでは、その責任を果たしたことにはなりません。
企業の顔、団体の代表として、何をどう伝えるべきか、メルマガを通してお伝えします。

企業エグゼクティブ向けプレゼン力UPメルマガ

月2回無料配信
ご登録はこちらから

*
*
メールアドレス*
バナー