Confill
コンフィル阿部恵 > ブログ > エグゼクティブ > TV「月曜から夜更かし」の企画がスピーチ練習にぴったりだった件

TV「月曜から夜更かし」の企画がスピーチ練習にぴったりだった件

2020年4月30日

TV『月曜から夜更かし』インタビュー

マツコデラックスさんと村上信五さんがMCを務めるTV番組

『月曜から夜更かし』でおもしろい企画がありました。

 

 

それは若者たちに、

 

 

「『月曜から夜更かし』の取材を受け、親に出演許可を取るため

 30秒で留守電に伝言を入れてもらう」

 

 

〜というチャレンジです。

 

 

 

昭和世代は難なくこなす留守電ですが、
若者はたどたどしくてうまく出来ない(汗)

 

 

 

昭和世代の私には
「なんで???」と疑問なのですが・・・若者たちは苦手なのだそうです。

 

 

実は、この留守電って、スピーチの練習にもってこいなのですよ!

 

 

留守電に30秒で伝言を入れる練習

番組の中では若い女性たちが、
「留守電は相手がいなくて独り言みたいだから話しづらい〜」

〜とも言っていました。

 

 

しかし、
この「相手がいなくても・・・」
という点が、話し方向上のポイントでもあるのです。

 

 

「相手がいなくても話す」=
「相手が盛り上がらなくても話す」

 

 

 

まさしく、
人前で話す=パブリックスピーキングの訓練
なのですね。

 

 

30秒で要点をまとめる

留守電の多くは30秒か1分で切れてしまいます。

 

この限られた時間の中で、

 

1.言いたいポイントと
2.相手にどうしてほしいか

 

〜を伝える練習にもなるわけです。

 

 

「30秒ピッチ」とか
「エレベーターピッチ」

 

と呼ばれる、

限られた時間で要領よく話す話し方のトレーニングと同じです。

 

 

・短時間で要領よく話す
・相手がいなくても自分を鼓舞して話す

 

 

 

留守電は再度聞くこともできますし、
消すこともやり直すことも可能です。

 

 

人前で話すことより
留守電練習の方が恥ずかしくないのでまずはおすすめですよ!

 

 

ぜひ留守電への伝言トレーニングを活用してみてくださいね。

 

 

誰の留守電で練習するかは・・・お任せします(笑)

 

 

 

>>>プレゼン実践練習はこちら

 

月2回配信のメルマガでプレゼン力UPしませんか?
今なら登録特典
「一回で覚えてもらえる自己紹介のコツ」プレゼント中!

ビジネスエグゼクティブのスピーチは、ただメッセージを伝えるだけでは、その責任を果たしたことにはなりません。
企業の顔、団体の代表として、何をどう伝えるべきか、メルマガを通してお伝えします。

企業エグゼクティブ向けプレゼン力UPメルマガ

月2回無料配信
ご登録はこちらから

*
*
メールアドレス*
バナー