Confill
コンフィル阿部恵 > ブログ > エグゼクティブ > 【士業、コンサルの方向け】 セミナー講師を頼まれちゃったら?!

【士業、コンサルの方向け】 セミナー講師を頼まれちゃったら?!

2020年5月7日

ある社長のセミナー評価

 

先日、ある経営者さんからこんなご相談を受けました。

 

 

「先日、セミナーを頼まれたんだが、
受講者からのアンケートが散々だった」と。

 

 

そのアンケートに書かれていたのは
・早すぎ
・難しすぎ
・わらりづらい

 

 

結構辛辣ですね。

 

 

 

そこで臨んだレッスンで、
その社長さんにはその時と同じプレゼンをしていただきました。

 

 

あは〜ん、なるほど。

 

 

思わず私、言っちゃいました。

 

「社長、これは仕方ないですよ〜」って(笑)

 

 

辛辣な評価の理由は2点ありました。

 

1つは、パワポのシートが多すぎ!
内容詰め込みすぎ!ってこと。

 

もう1つは、専門用語つらつら。
一般人にはついていけないレベルの内容になっていたことでした。

 

パワポシートの分量削減

まず伝える情報量が多すぎると
初めて聞く人はあっぷあっぷしちゃいます。

 

 

これ、この社長さんに限ったことではなく
プレゼンする方の多くが陥りやすいことです。

 

 

とある公認会計士さんの場合は、
各シートごとに「●時●分」って終了時刻を書いていたんですね。

 

 

あ、これ、私も心配性なのでその気持ち、よくわかります。

 

 

しかし、やりすぎてしまうと・・・・

 

=つめこみすぎ
=急ぎすぎ

 

となりますのでご注意ください。

 

90分なり2時間のセミナーであなたがお持ちの情報全てを
理解してもらうのはなかなか難しいものです。

 

 

 

まずはご自身の中で、

・情報に優先順位をつけていただき、
・大事な部分に的を絞って伝えること

 

これが、結果として「伝わる」ことになるんですね。

 

セミナー登壇者のコツ

 

セミナー講師として登壇の際、
「どうしたら盛り上がりますか?」って質問もよく寄せられます。

 

 

私の場合は、受講者との関係をどう構築するかに

セミナー開始前から注力します。

 

 

あ、私のセミナー、
かなり面白いらしいんですけど(笑)

 

 

それは単に私がおもしろいからとか
変だからとか、おばさんだから・・・ではなく、

(たぶん・・・)

 

 

笑いのネタや事例をセミナーの端々に
仕込んでいるからかなぁ・・・と自負しております。

 

 

これ、「アイスブレイク」とも言いますが、
この話はまた次の機会に〜。

 

 

 

>>>経営者のためのセミナーでの話し方

 

 

 

月2回配信のメルマガでプレゼン力UPしませんか?
今なら登録特典
「一回で覚えてもらえる自己紹介のコツ」プレゼント中!

ビジネスエグゼクティブのスピーチは、ただメッセージを伝えるだけでは、その責任を果たしたことにはなりません。
企業の顔、団体の代表として、何をどう伝えるべきか、メルマガを通してお伝えします。

企業エグゼクティブ向けプレゼン力UPメルマガ

月2回無料配信
ご登録はこちらから

*
*
メールアドレス*
バナー