Confill
コンフィル阿部恵 > ブログ > エグゼクティブ > 【エグゼクティブ向け】会議で話の長くなる人への対処法

【エグゼクティブ向け】会議で話の長くなる人への対処法

2020年6月12日

会議での司会進行

 

先日、ある企業の幹部の方からこんな相談を受けました。

 

「本来なら1時間で終わるはずの会議で話の長い人がいたため

2時間以上かかってしまった。こういう場合、どうしたらよいですか?」

 

〜というもの。

 

 

確かに、いる、いる〜!

延々話している人って。

 

 

 

途中で参加者が遮るわけにもいかないし、
ましてやそれが社長や政治家などいわゆる

偉い方だったりすると
なおさら放置状態になりますよね〜。

 

 

 

でもこれ、会議の効率悪いですよね?

 

 

そこで今日は会議の進行役へのアドバイス!

 

 

話をまとめてあげよう

 

 

話が長い人はだらだら要領を得なかったり、
脱線しているケースがほとんどです。

 

 

本論とズレてしまった時、進行役は
「○○さんがおっしゃりたいのは〜〜〜こういうことで
お間違いないですか?」

 

 

〜と、
途中で確認してみるとよいでしょう。

 

 

 

人間って不思議なもので
質問されると必ず答えたくなるものなんですね(笑)

 

 

 

そこで「そうだよ」と答えたならば、
そこから進行役がすかさず話を本論に戻せばよいのです!

 

 

 

他の人に話をふる

それでも延々と話し続けられた場合は、

 

「すみません。他の方のご意見も伺いたいと思いますので、
●●様、いかがでしょうか?」

 

 

と、別の人にバトンを渡してしまうという手もあります。

 

 

 

話の長い人がいると
参加者全員のモチベーションは下がってしまいます。

 

 

 

参加者一人一人にテキパキと話をふっていくことで
話が長くなる人をやんわりと阻止し(?)
公平な印象を与えていきましょう。

 

 

 

やんわりと阻止するのも進行役の務めですからね!

 

 

 

>>>話が長いのを短くするトレーニングはこちら

 

 

 

 

月2回配信のメルマガでプレゼン力UPしませんか?
今なら登録特典
「一回で覚えてもらえる自己紹介のコツ」プレゼント中!

ビジネスエグゼクティブのスピーチは、ただメッセージを伝えるだけでは、その責任を果たしたことにはなりません。
企業の顔、団体の代表として、何をどう伝えるべきか、メルマガを通してお伝えします。

企業エグゼクティブ向けプレゼン力UPメルマガ

月2回無料配信
ご登録はこちらから

*
*
メールアドレス*
バナー