Confill
コンフィル阿部恵 > ブログ > エグゼクティブ > 経営者・エグゼクティブ必見!会議進行の時の話し方

経営者・エグゼクティブ必見!会議進行の時の話し方

2021年1月18日

「何をしたらよいわけ?」を避けるには

 

先日、私が参加しているある勉強会で
Web打ち合わせがあったのですが・・・

 

そこで残念な進行に遭遇しちゃいました。

 

 

主催者がうまく進行できなくて
参加者がイライラしていたのです。

 

 

 

参加者の一部からは時折、
進行を助ける質問や意見も出たのですが・・・・
残念ながら気付いてもらえず。

 

 

さぁて、なぜ参加者は
イライラしてしまったのでしょうか?

 

 

それは、

・会議のゴールが何なのか?
・どれくらいの時間がかかるのか?

 

 

が全く見えなかったから。

 

 

更には
「結局、私たちは何をしたら良いわけ?」
という疑念が残る会議だったからです。

 

ホールパート法

そこで今日は会議進行に役立つ
【ホールパート法】をご紹介しましょう。

 

 

【ホールパート法】とは、

 

1:相手に伝えたい全体像
(whole=全体)をはじめに提示

 

 

2:その後、詳細を説明

 

 

3:最後に結論に戻ってまとめる

 

 

〜という方法です。

 

 

最初に全体像を見せることで
聞き手が論点をつかみやすくなるのですね。

 

 

わかりやすい例を挙げると・・・

・・・・・

全体像
「今日はカレーライスの作り方をご紹介します」

 

 

進め方の提示
「まずは1:材料、2:作り方3:保存方法」
の順でお伝えしていきます。

 

 

詳細
(1、2、3を詳しく伝える)

 

 

まとめ
「今日はカレーライスの作り方をご紹介しました」

 

 

・・・・・

 

 

どうですか?

料理番組は実によくできた構成ですね。
これも【ホールパート法】の1つと言えます。

 

 

 

ビジネス会議や部下への指示出しの場合は
さらにこの後に、

 

 

「今後どうしたらよいか」
を明確に示してあげるとよいでしょう。

 

 

聞き手は安心しますよ!

 

>>>マンツーマントレーニングはこちら

 

 

月2回配信のメルマガでプレゼン力UPしませんか?
今なら登録特典
「一回で覚えてもらえる自己紹介のコツ」プレゼント中!

ビジネスエグゼクティブのスピーチは、ただメッセージを伝えるだけでは、その責任を果たしたことにはなりません。
企業の顔、団体の代表として、何をどう伝えるべきか、メルマガを通してお伝えします。

企業エグゼクティブ向けプレゼン力UPメルマガ

月2回無料配信
ご登録はこちらから

*
*
メールアドレス*
バナー