Confill
コンフィル阿部恵 > ブログ > 議員政治家 > 議員・候補者向け「寡黙な人への話し方」

議員・候補者向け「寡黙な人への話し方」

2021年1月15日

寡黙な人への話し方

 

 

多くの有権者、’初めまして’の方と話す機会がある

議員、候補者のみなさん。

 

 

中には、あまり喋ってくれない’寡黙な人’とお仕事をする機会もあるのでは?

 

 

 

こんな時、つい焦ってしまって「間」ができないように

 

自分がベラベラ喋りすぎたり〜、
相手に質問攻めにしてみたり〜

 

 

〜なんてことありませんか?

 

そこで今日は「寡黙な人への話し方」についてお話しましょう。

 

相手のこだわり、得意分野を探る

 

 

おとなしい人だって
好きなこと、得意なこと、こだわり・・・があります。

 

それを事前にリサーチし(初対面なら冒頭でチェック)

そこから会話を始めましょう。

 

 

実は、ある議員志望者が
紹介者を通じて某大臣級議員(おとなしい方)と面談することとなり、
私のところへコンサルティング依頼をしてきました。

 

 

「面談用のトーク練習をお願いします」
〜と。

 

 

あ、私の議員向けコンサルはこういうこともやっております。

 

 

そこで、関係各所にリサーチをし、某大臣との会話の糸口を探りました。

 

その中で見えてきたのが、

 

・たたき上げの政治家としてこだわってきたこと
・ご子息情報

 

でした。

 

そこで考えたのがこんな流れ。

 

・・・・・・

まずは
1:ご子息との共通項でアイスブレイク。

 

その後、

 

2:一から政治基盤を築かれたことへの
敬意と自分の選挙との共通項

 

 

3:選挙の相談

 

・・・・・・

 

こんな流れでトークを組み立て面談に臨んでもらい、
その結果、大成功!!!となったのです。

 

口数の少ない方だって
話したい」こと、または
話せるジャンル」は必ずあります。

 

 

そこを事前にリサーチしてしっかり探る!

 

 

議員・政治家に求められる
「話し方の要素」の1つといえますね。

 

 

>>>選挙対策トレーニングはこちら

 

>>>人に伝わる話し方のコツをメルマガで配信中(月2回)。無料ですのでぜひご登録ください!

 

 

 

>>>阿部恵のプロフィールはこちら

月2回配信のメルマガでスピーチUPしませんか?
今なら登録特典
「一回で覚えてもらえる自己紹介のコツ」プレゼント中!

思いつくままに話して上手くいく人はほんの一握り。
このメルマガでは、議員・政治家に特化した内容で、選挙に勝てるスピーチのコツをお伝えします。
スピーチのちょっとしたコツを学び、他党のライバルに差をつけてみませんか?

議員・政治家のためのスピーチ力向上メルマガ

月2回無料配信
ご登録はこちらから

*
*
メールアドレス*
バナー