Confill
コンフィル阿部恵 > ブログ > 議員政治家 > withコロナで勝利する話し方

withコロナで勝利する話し方

2021年10月4日

マスクでも聞こえるコツ

コロナ禍で選挙活動ががらりと変わりました。

屋内での集会はなくなり、個別訪問も自粛。
もちろん握手もNG。

 

街頭演説ではフェイスシールドやマスクが当たり前です。

しかし、このフェイスシールドやマスク、喋りにくいですよね?

 

 

特にマスク!

 

 

名付けて
【喋っているつもりなのに全然聞こえていない!現象】

 

 

さて、
そんなフェイスシールドとマスクですが、
ある1つのことを改善するだけで有権者に伝わるようになるんですね。

 

それは・・・「声の大きさ」です。

 

 

マスクは声を吸収してしまいますし、
フェイスシールドも声がシールドの外にまで届きません。

 

 

 

ハンドマイクを使用したとしても
小さめの、くぐもった声として聞こえてしまいます。

 

そこで、いつも以上に
腹式発声を意識し、お腹から声を出すようにしましょう。

 

 

鼻から息を吸って、
口から吐く。

 

 

この時、手をお腹にあてて、
お腹がふくらんだり、凹んだりすることを確認してください。

 

 

お腹からしっかり声がでればマイクに声が乗りやすくなります!

 

 

「こんなに大きな声?」と思うくらいでちょうど良いです!

特にマスクの時は効果的ですよ。

 

 

 

動画のススメ

 

 

 

 

 

 

withコロナでもう1つ柱となる選挙活動が
インターネットの活用です。

 

これ、有権者にメッセージを伝えられるとっても便利なツールです。

7年前の公職選挙法の改正で
議員でもFacebookを使う方が増えました。

 

日々の様子や活動報告を発信するんですね。

先日とっておきの方法をwebの専門家の方にお聞きしました。

 

それは、
文字だけの投稿よりも「動画」で投稿すると
リーチ(有権者に届く率)が2倍になるんですって。

2倍ってすごくないですか?

スマホの写真機能のところにビデオマークがあるので
その動画機能を使って
あなたのメッセージを収録し、投稿してみてください。

 

 

え?難しい???

確かに、
動画での話し方はコツがあるから慣れないとうまく喋れないですよね。

 

しかし、今やスマホは誰もが持っている時代。

動画で発信するかしないかで有権者へのリーチが変わるのですから、

動画で発信してぜひ次の選挙で、票を獲得しましょう!

 

 

 

>>>人に伝わる話し方のコツをメルマガで配信中(月2回)。無料ですのでぜひご登録ください!

 

 

 

>>>阿部恵のプロフィールはこちら

 

 

月2回配信のメルマガでスピーチUPしませんか?
今なら登録特典
「一回で覚えてもらえる自己紹介のコツ」プレゼント中!

思いつくままに話して上手くいく人はほんの一握り。
このメルマガでは、議員・政治家に特化した内容で、選挙に勝てるスピーチのコツをお伝えします。
スピーチのちょっとしたコツを学び、他党のライバルに差をつけてみませんか?

議員・政治家のためのスピーチ力向上メルマガ

月2回無料配信
ご登録はこちらから

*
*
メールアドレス*
バナー