Confill
コンフィル阿部恵 > ブログ > 議員政治家 > 選挙カーでの演説ポイント

選挙カーでの演説ポイント

2019年4月1日

名前の連呼の是非

 

 

 

 

通りすぎていくことが前提の
選挙カーでの演説は
短い言葉で訴える難しさがありますね。

 

 

自分の近くを走行している時しか
有権者には聞こえないわけですから。

 

 

 

だからといって
名前の連呼だけだと
昨今、批判も多いですよね。

 

 

そんな折、
おもしろい研究データを
見つけました。

 

 

・・・・・・

関西学院大学の
三浦麻子教授の論文によると

 

「選挙カーによる連呼を聞いても、
候補者の好感度は変わらない」

というのです。

 

 

 

 

 

候補者の人柄や政策が伝わらず
有権者からは
好感を持たれないのでしょうね。

 

 

 

しかし、
教授の論文には続きがありました。

 

 

「ただし、集票には一定の効果あり」
〜と。

 

 

 

 

え〜、
好感は持たれないけど、
認知度は高まり、
結果として
票につながるってこと???

 

 

 

はい、それでは皆さん、
結論です。

 

 

 

「名前を連呼しましょう!」(笑)

 

 

〜ってのは冗談です!

 

 

 

キャッチフレーズ活用

 

 

 

 

公職選挙法の
第百四十一条の三
(車上の選挙運動の禁止)

 

 

第百四十条二
(連呼行為の禁止)

にあるように、

 

 

【走っている車の上から名前を連呼するのはOK】
なのですが、

 

 

昨今の有権者からの批判的な反応もあるし、
さすがにそれだけだと
つまらないですよね〜。

 

 

 

いくら集票につながっても
好感度は下がるわけですから、
一工夫が必要です。

 

 

 

そこで、
あなたを一言で象徴するような
キャッチフレーズを作りましょう。

 

 

 

例えば、

介護職員出身なら
「介護福祉士●年、
介護のエキスパート◯◯◯男です」とか

 

 

不祥事のあった議員や政党に対抗するならば(?)
「清廉潔白、2児の母、▽▽▽子です」

のように。

 

 

 

あなたの強みや
政策を象徴するような短い言葉を
枕詞のように重ねると
有効です。

 

 

 

単なる名前の連呼だと
それだけで嫌悪感を抱く
有権者もいますが、

 

 

 

あなたを表す
ちょっとした一言を加えるだけで
聞く側の印象はグッと変わりますよ!

 

 

 

 

目安は
10文字〜18文字
くらいでしょうか。

 

 

当選した後の
あなたの未来の姿を想像しやすい
フレーズを使うのが

ポイントですよ。

 

 

ぜひ活用してみてくださいね。

 

 

>>>キャッチフレーズのヒントもマンツーマンで伝授しています!

月2回配信のメルマガでスピーチUPしませんか?
今なら登録特典
「一回で覚えてもらえる自己紹介のコツ」プレゼント中!

思いつくままに話して上手くいく人はほんの一握り。
このメルマガでは、議員・政治家に特化した内容で、選挙に勝てるスピーチのコツをお伝えします。
スピーチのちょっとしたコツを学び、他党のライバルに差をつけてみませんか?

議員・政治家のためのスピーチ力向上メルマガ

月2回無料配信
ご登録はこちらから

*
*
メールアドレス*
バナー