Confill
コンフィル阿部恵 > ブログ > 議員政治家 > 選挙に勝つには声のトーンも大切

選挙に勝つには声のトーンも大切

2019年5月17日

選挙カーでは声のトーンを意識して

 

選挙カーから聞こえてくる演説の声。

 

 

ベテランウグイス嬢の声と事務所スタツフの声が
まるで違う、ということに
多くの方が気付くでしょう。

 

 

 

ウグイス嬢から候補者本人に
マイクを渡すと・・・

 

 

候補者本人でありながら時々、
残念な声のトーンの方がいます。

 

 

 

1人でマイクを持って
無反応の道ゆく人に
語りかけるのって
なかなか大変ですものね。

 

 

 

そんな時に役立つのが
「声のトーンを上げる」ことです。

 

 

 

それではここでクイズです!

 

 

 

演説では、ドレミファソラシドの
音階のうち、ある音のトーンに
すると良いと言われているのですが
どの音だと思いますか???

 

 

 

 

 

声のトーンは「ソ」

 

 

 

 

答えは「ソ」のトーンです。

 

 

 

「ソ」のトーンは、
・相手が聞き取りやすい
・聞き手が心地よく感じる音
・明瞭に伝わる音

と言われています。

 

 

 

ともすると、選挙カーからの演説は、
(特に終盤戦では)

 

・キャンキャン声でまくしたてたり、
・大音量のがなり声で叫ぶ
ケースも多く見受けられ、

 

これは近隣住民からの
不評を買ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

あくまでも
・相手(=有権者)の心地よい音、
・信頼を獲得する音、
・聞き取りやすい声のトーン

 

 

 

つまり「ソ」のトーンを
意識して話してください。

 

 

 

演説の前に
練習してから話し始めると
効果抜群ですよ!

 

 

ポイントは文節の頭を
「ソ」のトーンにすること!

 

 

 

全部を「ソ」のトーンのままだと
抑揚がつかないので
最初だけ意識してくださいね。

 

 

 

>>>議員セミナーで「ソ」のトーンを練習しています!

 

 

>>>選挙直前に役立つ演説のポイントはこちら!

月2回配信のメルマガでスピーチUPしませんか?
今なら登録特典
「一回で覚えてもらえる自己紹介のコツ」プレゼント中!

思いつくままに話して上手くいく人はほんの一握り。
このメルマガでは、議員・政治家に特化した内容で、選挙に勝てるスピーチのコツをお伝えします。
スピーチのちょっとしたコツを学び、他党のライバルに差をつけてみませんか?

議員・政治家のためのスピーチ力向上メルマガ

月2回無料配信
ご登録はこちらから

*
*
メールアドレス*
バナー