Confill
コンフィル阿部恵 > ブログ > 議員政治家 > ツボを押さえた話し方〜例え方活用

ツボを押さえた話し方〜例え方活用

2020年4月6日

要領を得ない話し方

 

みなさんは国会中継をTVでご覧になったことは

あるでしょうか?

 

 

国会議員独特の
長くてわかりづらい質問や答弁が見受けられます。

 

 

 

先日、某企業の社長とお話した時に
こんなことをつぶやかれていました。

 

 

 

「今日の会議はだらだらと要領を得ない発言が多くて、時間ばかりかかった。
まるで“国会討論”のようだったよ(笑)」

〜と。

 

 

 

そう、
このだらだらと要領を得ない話し方を
巷では「国会討論のよう」と例えるのです。

 

 

うまい例え方ですね!

(失礼!)

 

 

しかし、この例えで
その場にいた全員が爆笑したのだから
「通じている」ということです(笑)

 

 

 

誰もがわかる何かに例えてみよう

私はよくスピーチ指導の時に長い説明をする方には
「例えば、こんな風に例えてみたら?」

 

 

〜と、わかりやく例えることをオススメしています。

 

 

 

例えば、TVの料理番組のいわゆる「食レポ」
(食べた後に一言レポート)で、

 

・・・・
× 「あ〜、美味しい〜」

 

 

〜では視聴者にはどんな味かわかりません。

・・・・

 

 

 

 

では、それを何かの味に例えてみるとどうなるでしょう?

 

 

 

・・・・
◯ 「あ〜、うなぎの蒲焼きのような甘辛味ですね〜」

 

 

 

 

と言えば、うなぎを食べたことがある方なら
すぐにその味を想像できますね!

・・・・

 

 

 

 

このようについ長くなりやすい状況説明も

「例え」を活用することであなたの頭の中にある状況や

「絵」を相手に見せることができるのです。

 

 

 

つい議員の方というのは沢山話したくなるものですが、
例え話を上手に引用して
誰もが理解しやすい演説をして下さいね。

 

 

 

Mark Twainの言葉

 

冒頭にご紹介した社長さんが
最後に教えてくださった言葉を披露させていただきます。

 

「トムソーヤの冒険」の作者であるMark Twainの言葉です。

 

 

 

“I didn’t have time to write a short letter,
so I wrote a long one instead.”

 

 

直訳すると、

「私は短い手紙を書く時間がなかった。だから代わりに長い手紙を書いた」

となりますが、

 

 

 

「短くてもツボを押さえた文章の方がいい」って解釈できますね。

 

 

 

 

この ”a short letter”(短い文章)を「短いコメント」に置き換えても
同じことが言えるのではないでしょうか。

 

 

 

>>>短くてもツボを押さえた演説指導

 

 

 

月2回配信のメルマガでスピーチUPしませんか?
今なら登録特典
「一回で覚えてもらえる自己紹介のコツ」プレゼント中!

思いつくままに話して上手くいく人はほんの一握り。
このメルマガでは、議員・政治家に特化した内容で、選挙に勝てるスピーチのコツをお伝えします。
スピーチのちょっとしたコツを学び、他党のライバルに差をつけてみませんか?

議員・政治家のためのスピーチ力向上メルマガ

月2回無料配信
ご登録はこちらから

*
*
メールアドレス*
バナー