Confill
コンフィル阿部恵 > ブログ > 議員政治家 > 議員に必要な親しみやすさとわかりやすさ

議員に必要な親しみやすさとわかりやすさ

2020年6月5日

ギャップを活かそう!

 

突然ですが、

議員、候補者であるあなたは

有権者からどう見られているでしょうか?

 

 

 

・学歴高い?

・華やかな経歴?

・有名人?

・議員バッジ付けている?

 

 

などなど。

 

 

 

有権者からは「エリート」として見られてしまう方が

多いでしょうね。

 

 

 

 

あまりにも華麗なる経歴ですと

ついついそれだけで敬遠されてしまいそう・・・。

 

 

 

そんなイメージをプラスにするために必要なものが

「ギャップ」なんです

 

 

 

そう、議員、立候補予定者にはこの

「親しみやすさ」というギャップを演説の中で

入れていくことが大切です!

 

 

 

 

わかりやすい話は親しみやすい

 

 

それでは「親しみやすさ」って

どうやって演説の中に入れたら良いのでしょうか?

 

 

 

話をする時に、わかりやすく話すことで

「親しみやすさ」を示すことができます。

 

 

 

 

例えば、

次の2つの話し方を比較してみて下さい。

 

・・・・・

1:「本日は荒天の中、ご出席賜りまして誠に

幸甚でございます」

 

 

 

 

2:「このような大雨にもかかわらず、

お越しくださいまして本当にありがとうございます。

お寒くないですか?」

 

・・・・・

 

 

 

 

どちらが親しみやすい=わかりやすい話し方

でしょうか?

 

 

 

もちろん2番ですよね。

 

 

 

 

【誰もが理解しやすい言葉を使って話すこと】

 

これが親しみやすさの基本となります。

 

 

 

意外と忘れがちなので気をつけてくださいね。

 

 

特に、エリート候補者こそ要注意ですよ〜!

 

 

 

 

 

【選挙の準備を始められる方向け】

地方からでもトレーニングできるように

ZOOMでも対応しております。

 

>>>演説、公募面接対策はコチラ

 

 

月2回配信のメルマガでスピーチUPしませんか?
今なら登録特典
「一回で覚えてもらえる自己紹介のコツ」プレゼント中!

思いつくままに話して上手くいく人はほんの一握り。
このメルマガでは、議員・政治家に特化した内容で、選挙に勝てるスピーチのコツをお伝えします。
スピーチのちょっとしたコツを学び、他党のライバルに差をつけてみませんか?

議員・政治家のためのスピーチ力向上メルマガ

月2回無料配信
ご登録はこちらから

*
*
メールアドレス*
バナー