Confill
コンフィル阿部恵 > 議員政治家 > 山本太郎氏に学ぶ「聴衆に問いかける力」

山本太郎氏に学ぶ「聴衆に問いかける力」

2019年7月23日

参議院議員選挙の演説

 

参議院議員選挙が終わりました。

 

様々な党首や候補者の演説を
聴く機会がありました。

 

その中でも、ひときわ聴衆を惹きつける演説力を
見せてくれたのが
「れいわ新撰組」の山本太郎氏でした。

 

 

 

聴衆に問いかける力

 

 

国会でブチ切れたり(?)
破天荒な発信もある方のようですが(?)
ここでは演説についてお話しますね。

 

山本氏の演説のよいところは
歯切れの良さと小気味良いリズムです。

 

 

何より、
「聴衆に問いかける力」には
ついつい惹きつけられてしまうパワーがあります。

 

 

聴衆の想いを代弁

youtubeで観た山本氏の演説の一部を
ここで引用させていただきます。

 

・・・・・

「1年間で2万人くらい、人が死んでいるんですよ。自殺で。

異常ですよ、 戦争も紛争も起きていないのに・・・

 

生活が安定していたら、こんなことになる?

働き方にもっと余裕があったとしたら、こんなことになる?

もっと自分が存在してよいのだっていう世界になっていたら、こんなことになる?

・・・・・

 

~と、聴衆に問いかけていました。

 

 

この問いかけに聴衆はどう思うでしょうか?

 

聴衆は自問します。

 

「生活、安定しないよね」

「働き方、余裕ないよね」

「私って役に立っているのだろうか?」

 

~と。

 

 

日頃から抱えていた仕事や生活に関する想いに

触れられたことで、「共感」するのです。

 

 

 

1 聴衆に問いかけ、
2 聴衆の想いを代弁し、
3 そして、再び聴衆に問いかける

 

この聴衆を惹きつける力は本当にすごいです!

 

 

そして、

3つの問いかけの最後に「こんなことになる?」

同じ言葉を重ねていますよね。

 

 

「こんなことになる?」

~と、同じ言葉を重ねることで、

韻を踏み、リズム感を出しているのです。

 

 

 

湧き上がる想い

 

以前のブログでも、
選挙カーから有権者に呼びかける
「ブリジッジング技法」

 

=有権者と自分とをつなぐ
かけはしのような言葉のこと

についてお伝えしました。

 

>>>blog「有権者の表情を緩ませ票を獲得する方法」

 

 

 

 

リーダーが有権者の側に近づいていく
やり方ですね。

 

 

山本太郎氏のすごいところは
壇上から聴衆へ問いかけているのに、

 

 

聴衆の中から湧き上がってくる言葉
そのもののように思えたところです。

 

 

聴衆の、生活や仕事に関する不満や想いを代弁し、

テンポよく、リズムよく、言葉を重ねていく。

 

 

 

こうした語り口調が、

聴衆の印象に残る。聴衆を惹きつけるポイント

なのです。

 

 

>>>聴衆へ問いかける演説トレーニングはこちら

 

 

 

 

月2回配信のメルマガでスピーチUPしませんか?
今なら登録特典
「一回で覚えてもらえる自己紹介のコツ」プレゼント中!

思いつくままに話して上手くいく人はほんの一握り。
このメルマガでは、議員・政治家に特化した内容で、選挙に勝てるスピーチのコツをお伝えします。
スピーチのちょっとしたコツを学び、他党のライバルに差をつけてみませんか?

議員・政治家のためのスピーチ力向上メルマガ

月2回無料配信
ご登録はこちらから

*
*
メールアドレス*